おしらせ

TOPICS

屋根工事。

2019年12月09日 / MS-house,施工LIVE

冷たい風と雨の中の上棟を終え、大工さんは風邪気味の様です^_^;

 

 

そんな中、現場は進んで行きます。

骨組みを組んだら屋根部分にベニヤを張り、

その上には、シージングボードを張ります。

 

シージングボードを張ることで、雨音の低減や断熱性を発揮してくれます!

シージングボードとは、簡単に言うと、加熱した木材を一度ほぐしてから固めたボード・・・だったかな?^_^;

ベニヤの様に硬くはなく、コルクボードの様でコルクではなく・・・・・

まぁ、なんとなくイメージ出来たらOKです^_^;

 

さらに、その上にルーフィングと呼ばれる透湿シートを張り、

ようやく、普段目にするガルバリウム鋼板を張っていきます。

 

 

目に見える部分は極一部で、本当に大事なのは見えない部分って事ですね!

建築って深い・・・^_^

 

 

つづく・・・☆彡

このページのトップへ