回遊する家

新築住宅の施行事例

キーワード:ロフト,中2階,ステップフロア,デッキテラス,テラス,室内物干

回遊する家

元気な子供が育つ家。開放された家族

  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01
  • pic_work_07_01

こだわりポイント

大きな開口を確保した南からの陽光は広い一階の居間・食堂・和室につづき間を一室化させます。
そして回遊するプランは更に子供たちにとって絶好の楽しい家となっています。
また掲示板、チョークレスボード、勉強机化できるミニ卓球台などを配し、「頭が良くなる家」を目指しました。

お客様の声

pic_work_07_r01
pic_work_07_r02

私たちがマイホームを計画したのは3年前になります。
土地を購入し、それから、新潟市のハウスメーカー、工務店、建築事務所を検討しました。
ハウスメーカーや工務店での見積もりでは、予算オーバーの常連でした。そして予算内に納めるために、削減する方向での提案が多かったです。
あきらめていくと当初予想していた家とは全く違う家になり、こんな家が欲しかったんじゃない・・・こんなはずじゃなかった・・・
それほど贅沢な仕様にしているわけではないのに、どうして公表している坪単価に収まらないのか?
自分たちの予算では少なすぎて、望む家など建てることができないのだろうか、様々に思い悩み、夫婦で落ち込むこともありました。
30社以上を真剣に検討し、1年半前の内野町S-House完成見学会にてようやく采配力、段取り力に優れた有能な建築家と出会いました。それが、アトリエジニアスの山本さんです。
原価を明確にしたうえで、「100円のものを100円で提供する」という彼はしっかりとモノを見極め、鑑定眼にも優れていました。
住宅模型にいたっては、隣家の模型まで作って採光や窓の位置を確認するという徹底ぶりでした。
小手先の見栄えの良い技術にこだわらず、常に原点に返って創造していく手法です。
立体空間を活用し、動線を広くし、収納部分を作り出し、採光・通風の工夫があり、持てる技術を全部使ってくれました。
キッチンからの部屋と外の見晴らしもよく、常に家族が繋がっていて一体感を持てます。
家ができてから、そういうことだったのか!と納得する場面も多いのです。
皆さん、本当に、ありがとうございました!

その他の物件はこちら

 

Copyright (C) 2013 Atelier Genius. All Rights Reserved. produced by NIIGATA ZANMAI Corporation.