いい家を原価で建てる

OPEN SYSTEM

職人の顔、建材や施工の価格が見えない。工事の内容もわからない。そんな家で安心して暮らせますか?
アトリエ ジニアスでは、施主様と職人が直接契約を結んで家づくりを行う
分離分割方式の「オープンシステム」を採用しています。

施主様がアトリエジニアスのサポートを受けながら専門業者に直接工事を発注するというシステムです。
直接工事を発注するというと当然不安を感じる方もおられると思いますが、
そこは我々におまかせください。ムダな経費がかからず理想の家づくりが可能です。

価格や職人の顔が見えるという安心はもちろんのこと、施主様がご用意された建材を使ったり、
せっかくの家づくりなので施工作業の一部にご参加いただくこともできます。
専門的なことがわからなくてもご安心ください!私たちが全力でサポートいたします。

オープンシステムの3つのメリット

メリット 01
原価で建てる家中間マージン「ゼロ」

オープンシステムでは、一括請負方式の施工で発生する中間マージンが一切ありません
設計士がしっかりとサポートしながら、施主様自身が各専門施工者と直接契約を結ぶので、下請・孫請を通すことで上乗せされる不透明な費用をカット。設備費用が明確になり、より納得のできる家づくりが可能になります。

メリット 02
顔が見える家づくり、
つくり手の職人が見える

“見える”のは費用だけではありません。
施主様と専門施工者が直接契約していただくので、お互いの信頼関係が生まれます。お互いの顔が見えることで、職人もお客様の想いをカタチにするために、最大限の力を発揮。施工後も部分的な修繕などについて直接やり取りすることができ、工事だけの関係にはならない繋がりが、お客様の大切な家を守ります。

メリット 03
自由で楽しむ施工、
セルフビルドも可能

「知人から安く設備を譲ってもらった」
「大切な家だから、家族で思い出をつくりたい」
オープンシステムには、そんな一般的な家づくりではできない自由があります。施主様が楽しみながら施工に関わり、コストも削れる。アトリエ ジニアスでは、施主様が直に家づくりに触れることができます!

オープンシステムの仕組み

一括請負方式(多重下請け構造)とオープンシステムの比較

従来の方法

オープンシステム

一括請負方式による
施工の実態

ご存知ですか?
一括請負方式とは、下請・孫請の専門施工者へ工事を発注すること。
多くのハウスメーカーや工務店がこの方式で家づくりをしており、工事の内容や実質のコストが不明確なまま施工が進められています。そのため工事費用として記載される金額には、不透明な中間マージンが上乗せさせられているケースも少なくないのです。

オープンシステムについての詳細は「イエヒト」サイトをご覧ください

見積参加別業者 金額比較表

オープンシステムを利用して建てた場合の建築費用の一例をご紹介いたします。
工務店やハウスメーカーに依頼して建てる場合とでは、これだけ費用に違いが出てきます。


※表をタップすると拡大表示されます。

差額は、3,350,000円(税別)

一般的な一括請負の工事に比べるとオープンシステムのほうが
中間マージンがかからない分だけ無駄なく家が建てられます。

用 途 : 専用住宅(新築)
構 造 : 木造2階建て
延べ面積 : 127.10㎡(38.45坪)
設計・監理費 : 2,500,000円
受注形式 : オープンシステム

設計・監理料・工事監理の
概要モデル

当事務所の設計・監理料の目安は、下記のようになっております。
現場監督の役割の施工監理料がかかることで、一般的な一括請負の工事よりも高額となりますが、お客様と専門施工者との直接契約で、中間マージンのない工事費用でカットされるコストの方が大きいため、予算を圧迫することはありません。

当事務所の設計・監理業務委託費(監理管理料)は工事の面積によって変動いたします。

  • 当事務所の設計・
    監理業務委託費

    オープンシステム

  • 一般的な一括請負による
    工事の場合(比較対象)

当事務所の設計・監理業務委託費 ― オープンシステム

新築・増改築の設計・監理業務委託費 (業務内容:設計、設計・監理)
基本設定費 150万円(税別)
工事床面面積単価 2.0万円/㎡(税別)
法規算定面積以外(※) 1.0万円/㎡(税別)

※吹抜・テラス・バルコニー・ポーチ等

新築・増改築の計算例

延床面積が130㎡(39坪)と、法規算定面積以外の面積50㎡の木造住宅の設計料は、次のようになります。


※画像をタップすると拡大表示されます。

※上記は床面積100㎡≒30坪以上のケースです。100㎡未満・3階建以上・木造以外のケースは個別見積もりとさせていただきます。
※地盤調査費用及び各諸官庁への申請費用は別途費用とさせていただきます。
※遠隔地の場合は、別途ご相談させていただきます。

リフォームの設計・監理業務委託費 (業務内容:設計、設計・監理)
基本設定費 70万円(税別)
工事床面面積単価 1.8万円/㎡(税別)

※上記金額は、工事内容により変更の場合があります。

一般的な一括請負による工事の場合(比較対象)

新築・増改築の設計・監理業務委託費 (業務内容:設計、設計・監理)
基本設定費 120万円(税別)
工事床面面積単価 1.8万円/平方メートル(税別)
法規算定面積以外(※) 0.5万円/㎡(税別)

※吹抜・テラス・バルコニー・ポーチ等

新築・増改築の計算例

延床面積が130㎡(39坪)と、法規算定面積以外の面積50㎡の木造住宅の設計料は、次のようになります。


※画像をタップすると拡大表示されます。

※上記は床面積100㎡≒30坪以上のケースです。100㎡未満・3階建以上・木造以外のケースは個別見積もりとさせていただきます。
※地盤調査費用及び各諸官庁への申請費用は別途費用とさせていただきます。
※遠隔地の場合は、別途ご相談させていただきます。

リフォームの設計・監理業務委託費 (業務内容:設計、設計・監理)
基本設定費 50万円(税別)
工事床面面積単価 1.5万円/㎡(税別)

※上記金額は、工事内容により変更の場合があります。

設計・監理業務委託費は一般的な一括請負よりも割高になりますが
先にも書いたように、中間マージン分のコストカット分の方が大きいため
結果的にオープンシステムの方がお得に家を建てることができます。

このページのトップへ